FC2ブログ

Entries

服部連塚(はっとりむらじづか)

服部連塚は、直径14m、高さ2.5mで、横穴式石室を持つ円墳です。被葬者は5世紀中頃に諸国の機織り(織部)を統率した服部連と伝えられ、上宮神社と呼ばれていましたが、明治41年(1908年)に神服神社に合祀され、当時の鳥居が今も残っています。塚脇一帯には、6~7世紀頃に築造された三十数基の古墳が群集し、塚脇古墳群と呼ばれています。...

春日町 春日神社(かすがじんじゃ)

ご祭神は、速素盞鳴命(はやすさのおのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、応神天皇由緒など詳しいことは分かりません。本殿横には枯れた大木があります。でもよく見ると根元から若い枝が出てきています。 ...

萩之庄 富喜和神社(ときわじんじゃ)

ご祭神は富喜和龍神天竜宮の別社だそうです。その天竜宮へは先の名神高速道路のトンネルを超えて行きます。電気も付いておらず、日中でも少し怖いですヨ^^その暗闇を超えた先は・・・・・・別世界です。入口には、「天竜宮参拝、水行を受ける方は入場下さい。ローソクの後始末は各自でお願い致します。」の看板が立っています。檜尾川の支流が流れる滝修行の霊場って感じです。辺りには多くの龍神が祀られています。 ...

安満 道祖神神社(さいのかみじんじゃ)

ご祭神は猿田彦命天照大神より瓊々杵尊が神勅を受け三種神器を賜り群臣を率いて天孫降臨されるに際し猿田彦命が日向の高千穂の峰へ案内された神で、道案内後伊勢国まで買える時五十鈴川の上流まで天鈿女命に送らせたのが縁で後日目出度く夫婦になられた。道案内の神、縁結びの神、最近では交通安全の守護神とされています。  ...

根本山 神峯山寺(かぶさんじ)

 神峯山寺は根本山と号して天台宗に属し、毘沙門天を本尊とします。寺伝によれば、役の行者小角が開山し、宝亀年間(770年頃)に開成皇子が創建したそうです。  当時は仏教の聖地として、比叡山や葛城山と並ぶ7高山のひとつに数えられ、僧坊21・寺領1,300石に及びました。皇室の崇敬が厚く、また足利3代将軍義満や豊臣秀頼の生母淀殿らの寄進も多く大いに栄えました。  しかし、江戸時代中期の明和2年(1756年)に火災で焼失し、...

Appendix

プロフィール

kazuy569

Author:kazuy569
My City Takatsukiへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
204位
アクセスランキングを見る>>

Since 2009.12.16