FC2ブログ

Entries

神峯山寺の紅葉

 神峯山寺の紅葉を見に行きました。山門周辺の木々はまだ青いですが、境内の紅葉は見頃です。     ...

洪慈山 東光寺(とうこうじ)

 東光寺は洪慈山と号し真言宗東寺派に属し、ご本尊は薬師如来です。  寛政8年から10年(1796~98)に刊行された摂津国の観光案内書「摂津名所図会」に「津江薬師(つのえやくし) 津江村にあり。本尊は行基の作なり。霊験にして、毎月八月十二日近姐より群をなせり。」と紹介されており、七堂伽藍を構えた真言宗の古刹でした。  享保年間(1716~35)に公禅師を迎えて禅宗に改められました。貞享(1684年)頃には浄土真宗の...

黄牛山 霊松寺(れいしょうじ)

 霊松寺は黄牛山と号し曹洞宗に属し、ご本尊は十一面観音です。  寺伝によれば、8世紀中頃行基菩薩が開創し、牛飼山地蔵院と称しましたが、応永19年(1412)、無月妙応禅師が老松の下から現れた黄金仏を本尊の胎内に納め、堂宇を再興して霊松寺と改めました。  永禄元年(1558)には、正親町天皇の勅願所となり、翌2年に綸旨た勅額を賜ったといいます。  その後、芥川城主として機内に権勢をふるった三好長慶一族の信仰が厚く隆...

霊松寺笠松地蔵尊(れいしょうじかさまつじぞうそん)

 弘化4年(1847年)に再建されたお堂は、霊松寺のもとの境内の南端に位置し、松の大樹があったことから笠松地蔵の名が付いたといわれています。   堂内には笠松地蔵と片袖地蔵の二体が安置されいます。  片袖地蔵と呼ばれるようになったのは、右の袖が刃物で削られたようにそがれてためで、近隣の「茶の木原」の野仏であった地蔵尊が芥川宿の宿屋に雇われていた女性の身代わりとなったという話や、あだ討ちの助太刀をしたとい...

蓮如上人御腰掛石(れんにょしょうにんおこしかけいし)

 寛政8年から10年(1796~98)に刊行された摂津国の観光案内書「摂津名所図会」には、「蓮如上人腰懸石(れんによしようにんこしかけいし) 富田東口永照寺の境内にあり。」と記載されています。  現在、永照寺はありませんがマンションの一角に今でも大切に安置されています。    ...

Appendix

プロフィール

kazuy569

Author:kazuy569
My City Takatsukiへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
204位
アクセスランキングを見る>>

Since 2009.12.16