FC2ブログ

Entries

當麻山 唯徳寺(ゆいとくじ)

 服部連塚のすぐ近く、閑静な住宅街の合間にある浄土真宗大谷派のお寺です。  境内の横には塚脇地区の公民館もあります。    ...

船本松太郎碑(ふなもとまつたろうひ)

 梶原一里塚の前に苔むした碑のようなものがあります。船本繁氏の住宅内にありますが、碑は船本松太郎氏と言う方を頌功したもので、繁氏の4代前の人です。繁氏によると、江戸時代の初め頃に建立されたようで、松太郎と言う人は相撲取りを養い世話役的な存在だったようです。  これは、その方たちが功労碑として建立されたものだと言います。碑は苔むしていますが、長さが50センチ、幅が30センチほどのなかなか立派なものです。...

梶原一里塚跡(かじわらいちりづかあと)

 この地は旧梶原村の東端に位置し、かつて榎を植えた一里塚が設けられていました。  一里塚とは、一里(約4Km)ごとに街道の道程の目印としたもので、高槻市域では、旧芥川宿との二箇所にあり、今も芥川一里塚は現存します。  堂内の地蔵尊は、かつて淀川沿いの中村にあり、度重なる水害から守り継がれてきたもので、「水あがりの地蔵さん」とも呼ばれ親しまれています。 お堂の裏手には枯れた切り株があります。これがかつて...

入江若水の碑(いりえじゃくすいのひ)

入江若水は寛文11年1月20日生まれの江戸時代中期の漢詩人です。家は代々摂津富田で「亀屋」を屋号にする蔵元で、財産を蕩尽,発奮して勉学したといわれています。鳥山芝軒(しけん)に師事し各地をたずね詩名をあげ、代表作には漢詩集「西山樵唱」や「通俗両国志」などがあります。晩年、京・宇治辺に移り住まざるを得なくなって、この地を離れる時に詠んだ歌が刻んだ碑が青蓮寺境内にあります。  また、本堂西側の墓地には若水のお...

池光山 青蓮寺(せいれんじ)

 青蓮寺は池光山と号し浄土宗に属し、ご本尊は阿弥陀如です。  当初この地には、念仏堂が建っていましたが地震で崩壊し、天正12年(1584)、紅粉屋の祖清水利重が良閑和尚を招いて創建したと伝えられています  紅粉屋は、江戸時代前期まで隆盛を極めた富田酒の蔵元として栄華を誇り、以来青蓮寺は清水家の菩提寺となっています   老松が枝をはる閑静な境内には、元禄7年(1694)に造営された本堂をはじめ、庫裏や書院、鐘楼、...

Appendix

プロフィール

kazuy569

Author:kazuy569
My City Takatsukiへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
204位
アクセスランキングを見る>>

Since 2009.12.16