FC2ブログ

Entries

高槻市立埋蔵文化財調査センター

Dscf87301
 
高槻市立埋蔵文化財調査センターは、市内の埋蔵文化財を調査・研究す、出土遺物等を整理・保存する施設です。眼下に三島地方を見下ろす南平台丘陵にあり、専門の調査機関として昭和50年(1975)10月に開館しました。
ロビーで貴重な文化財の一部を展示しているほか、前庭では竪穴式住居や塚脇古墳群から移築復元した横穴式石室などが公開されています。
 
Dscf87302
 
【弥生時代の復元住居】
弥生時代の住居は、地面を掘りくぼめて床を作り、上に屋根をかけた竪穴住居といわれるものです。
この住居は、芝谷遺跡でみつかった2世紀頃の竪穴住居を復元したものです。
 
Dscf87303
 
Dscf87304
 
【横穴式石室】
横穴式石室は、外部に通じる出入り口をそなえた石室で、古墳時代後期の一般的な埋葬施設です。この石室は、塚脇古墳群から昭和52年に移築復元されたものです。
 
Dscf87305
 
【塚脇D1古墳】
塚脇地区の最奥部にある帯仕山の山頂付近に作られた一辺約5メートルの小さな方墳で、墓室は小型の横穴式石室で、わざわざ芥川から運び上げられた河原石を用いて組み上げられています。
 
Dscf87306
 
【石仏と五輪塔】
岡本地区の丘陵南麓に展開する岡本山古墳群は、古代から中・近世にわたる三島地域最大級の墓地で、出土した室町~江戸時代にかけての多数の石仏と五輪塔は、死者への供養や墓標として立てられました。
 
Dscf87307
 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takatsuki569.blog111.fc2.com/tb.php/239-3e34398a

トラックバック

[T5] 高槻市立埋蔵文化財調査センター

木に隠れて建物がほとんど見えませんが、バックの白いのが高槻市立埋蔵文化財調査センターです。 あくあぴあ芥川からでも歩いてこれる距離です。 ただしずっと上り坂なので、ちょっと疲れますが・・・ 敷地内には竪穴式住居が再現されてました。 中を覗こうと入口に首を突っ込んだら、上の方に大きな蜘蛛が巣を張っていました。 ワタクシ思わずチビリそうになりましたです。 入口を入...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kazuy569

Author:kazuy569
My City Takatsukiへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
204位
アクセスランキングを見る>>

Since 2009.12.16